世界の緩和ケア ほっとはあと

フィリピン式トリートメント セラピスト紹介

セラピスト紹介

日本語・英語・タガログ語を話せる二人の外国人セラピストをご紹介します。

 

フィリピン式トリートメントの技法習得を望まれる方は、下記のページの最下層をお読み下さい。
世界の緩和ケアができるようになる講習はありますか?

フィリピン式トリートメント セラピスト

セラピスト フィリピン式トリートメント

私は、バージニア谷口です。フィリピン出身です。マニラ生まれ。日本に家族と一緒に来て7年目を迎えます。

 

私の国では、フィリピン式トリートメントとは、癒しのマッサージで、骨の問題やその他の病気に苦しむ患者、特に高齢者の免疫機能を向上させる効果的な方法と言われています。

 

ほっとはあとのボランティアをしてよかったことは、ボランティア訪問先のおばあちゃんに、また来てねと言ってもらえることです。

 

あんた、よう来てくれたなぁと、抱きしめてくれるおぱあちゃんもあります。私も自分のおばあちゃんのように感じて、とても嬉しいです。

 

だからボランティア訪問を楽しみにしています。


 

フィリピン式トリートメント セラピスト

セラピスト フィリピン式トリートメント

 西井アルビーナです。

 

フィリピンのセブ市出身です。日本人の夫と一緒に日本に来て12年になります。

 

 セブには、マナンバル呼ばれる、不思議な力を持ち、不思議な方法で、病気になった人を直してしまう人がたくさんいます。

 

 私のやるフィリピントリートメントは、そういうマナンバルの人たちから民間の人たちが学んだトリートメントです。

 

地元セブでは、このフィリピントリートメントはヒロットと呼ばれ、熱が出てくるときに体の節々が痛いのを緩和したり、頭痛を緩和したり、子どもが高いところから落ちて筋を痛めた時に緩和したり、肩が上がらないのが上がるようになったり…、いろんな場面でヒロットが使われ病院に行かずに済んでしまうこともあります。

 

 ボランティアに行かせてもらうと、高齢者の方たちが喜んでくれたり、楽になったと言ってくれたりするので、それが嬉しくってボランティア訪問を続けたいなあと思っています。


 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ほっとはあとのボランティア内容 ボランティアに来てください 私、ボランティアをしたいのですが!