世界の緩和ケア ほっとはあと

レイキヒーリング セラピスト紹介

レイキヒーリング セラピスト紹介

レイキヒーリング セラピスト紹介

セラピスト レイキヒーリング

西井寿美男です。

 

みなさん いつもありがとうございます。

 

生まれたとき、ほとんど死にかけていたのをお医者様に助けていただきました。

 

それからも、何度か死にかけたのですが、不思議とそのたびに助けていただきました。

 

そんなことがあったためか、健康とかスピリチュアルなことに興味があります。

 

14年ほど前に西洋レイキを学びました。

 

以来、学びっぱなしで使っていなかったのですが、1年半前に“ほっとはあと”とご縁があり、それからボランティア活動の中で使い始め現在に至っています。

 

ボランティア活動でレイキヒーリングを始めた頃は、正直「これって本当に効くんだろうか?」、「自分はレイキヒーリングのまねごとをしているだけなのでは?」とか思いながらやらせていただいていたのですが、同じ施設に何回か繰り返し訪問させていただくと、いろいろな利用者様から「ありがとうなあ。この前やってもらった後こんないいことがあったよ。」とお声をいただけ、今ではレイキヒーリングには力があることを確信しています。

 

西洋医療といろいろな代替医療や体操、食の見直し、生き方の見直し等を融合した、患者の来なくなる病院?作りができないかなあと最近思い始めました。

 

健康とか氣とか食とかスピリチュアルなことに興味のある方、是非一度お声をおかけください。


 

レイキヒーリング セラピスト紹介

セラピスト レイキヒーリング

私の名前は、中井ちひろです。現代レイキヒーリングの師範です。太極拳をつづけるうちに、自分の氣を感じ始めるようになり、もっと氣を学んでみたいと、レイキヒーリングの練習を始めました。

 

最初は、ヒーリングができるどころか、全く、氣を感じない状態だったのですが、何年かエネルギートレーニングをつづけるうちに、感覚がとぎ済まされ、ある点を超えたように思います。

 

そのときから、他人の氣が触れるようになりました。それで、師範研修まで受けさせていただくような流れがおき、現在に至っています。

 

当初は自己ヒーリングと自分の子供へのヒーリングで満足していたのですが、他のセラピストとの出会いも重なって、ほっとはあとを設立し、ヒーリングボランティアを開始しました。

 

今では、遠隔ヒーリングも可能となり、手を触れずして意識でヒーリングすることも可能です。

 

ボランティア訪問では、ヒーリングを受けていただいたおばあちゃんたちから、暖かいなー、あんたの手ぇは、お日様みたいやな〜と、おっしゃていただいたり、それまでは無言だったかたが、ヒーリング後は心を開いてお話しいただけることが、本当に喜びです。ボランティアをさせていただくと、感謝の気持ちが沸いてきます。人生の中の、喜びの時間となっています。


 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ほっとはあとのボランティア内容 ボランティアに来てください 私、ボランティアをしたいのですが!